黒にんにくにガンの予防効果があるということは意外と知られていないかもしれません。

黒にんにくが元気や健康に良いのは広く知られていますが、ガンに効果的というのはなぜだか分かりますか?

実はがん、その中でも特に大腸がんに対して効果的というのは、医学的にも認められていることなんです。

その秘密は、黒にんにくが持つ特有の成分にあります。

がんの予防に効果的な特有の成分とは?

ninniku

がんの予防に良いと言われている成分の名前は「S-アリルシステイン」と呼ばれています。

これはニンニク特有の成分で、他の食品には含まれていません。

生にんにくにはあまり多く含まれていませんが、熟成されて黒にんにくになることで、約16倍の量に増加します。

これが、黒にんにくがガンの予防に効果的と言われている理由なんです!

S-アリルシステインはなんでがんの予防に効果的なの?

がんの予防作用として、大事な役割を果たしているのはNK細胞(ナチュラルキラー細胞)と呼ばれている細胞です。

これがガン細胞を退治して、正常な細胞に保ってくれているんです。

しかし、がん細胞をたくさん退治してくれることによって、NK細胞が徐々に弱ってきてしまいます。

そうすると、がんに対する抵抗力が弱まってきてしまいます。

そこで活躍してくれるのがS-アリルシステインで、この成分はNK細胞を活性化してくれる効果があります。

NK細胞が活性化し、また元気に活動してくれることによって、がん細胞をまた退治してくれるようになるんです。

医学的に認められているS-アリルシステインの力

このがんに対する予防効果は医学的に認められているもので、根拠のない噂などではありません。

S-アリルシステインのがん予防効果と医学論文については、以下のような関わりがあります。

1980年代にアメリカで行われた大規模な調査をはじめ、これまでに何と100編以上の医学論文でニンニクの大腸がん予防効果が認められていた。
ニンニクに含まれるS-アリルシステインという物質が、がん細胞などを攻撃し退治するNK細胞(ナチュラルキラー細胞)が弱った時に元気を取り戻させるというのだ。
そして、何とこのS-アリルシステインは今のところニンニクにしか含まれていないことがわかっている。

このような、素晴らしい力をS-アリルシステインは持っています。

そして、その力をより引き出してくれるのが黒にんにくなんです。

大腸がんが発生する原因ってなに?

gimon

大腸がんの発生原因については、詳しいことはまだ解明されていません。

発生原因と思われるものについては、環境や食習慣などが影響していると考えられています。

現在、原因として考えられているのは以下の3つです。

  1. 食生活
  2. 遺伝
  3. 大腸ポリープ

食生活

食生活については、もう少し細かく分類できます。

次のような食生活が、大腸がんの原因ではないかと考えられています。

  • 食習慣の欧米化
  • 過度な飲酒
  • 食べ過ぎによる肥満

これらは普段の生活を振り返ることで、改善できるものがほとんどだと思います。

もし思い当たる項目があったら、少し気にかけてみるといいかもしれません。

遺伝

遺伝については、直径の親族に大腸がんの人がいる場合、同じく大腸がんになる可能性があるとされています。

もちろん、必ずなるというわけではなく、一つのリスクとして考えられていることです。

もしあなたの親族に大腸がんの人がいる場合は、予防対策をより意識して取り組んでみると良いでしょう。

大腸ポリープ

大腸にポリープができた場合や、ポリープができやすい体質の場合は大腸がんになるリスクが高いと言われています。

ポリープの予防は、すぐに意識して取り組むというのは難しいかもしれません。

身体の内側のケアは、やろうと思ってすぐにできることではないですよね。

「なにかできることはないかな?」と思われるかもしれませんが、実は大腸ポリープの予防にも黒にんにくが役立ってくれるのです!

黒にんにくと大腸ポリープの予防ってどう関係があるの?

dounano

なぜ黒にんにくが大腸ポリープの予防に効果的なのか、疑問に思われるかもしれません。

ここで一つのデータをご覧いただければと思います。

ある条件の方々の大腸ポリープの数について、内視鏡検査をした結果のデータです。

対象とされたのは、以下の条件の方々です。

  • ニンニクを普段あまり食べていない50~60代の日本人10人
  • 毎日ニンニクを食べている青森県十和田市の農家さん10人

それぞれの大腸ポリープの数を検査したところ、結果は以下のとおりでした。

  • 普段あまりニンニクを食べていない方々の平均の大腸ポリープの数は7個
  • 毎日ニンニクを食べている農家の方々の平均の大腸ポリープの数は2個

これらから分かるように、ニンニクは大腸ポリープの予防に対しても影響があると言えそうです。

黒にんにくは、生にんにくよりも更に成分が増加してパワーアップしているので、食べることを習慣とすればニンニクと同様か、それ以上の効果が期待できます。

他にもまだまだある!黒にんにくの持つすごい力!

この記事では、黒にんにくの持つがん予防の効果についてピックアップしてお話ししてきました。

そして、黒にんにくにはこれ以外にもまだまだすごい力がたくさんあります。

もし黒にんにくの効果や特徴について興味があれば、以下の記事も読んでみてください。

⇒黒にんにくの効果~3つのポイント~

この記事では、さまざまな角度から調査した情報を分かりやすくまとめています。

特に知っていてほしいことは、良質な黒にんにくの選び方です。

黒にんにくはいろんなところで販売されていますが、なかには品質の悪いものも確かに存在します。

あなたにはそういったものを避けて、良質な黒にんにくを見極めて欲しいと思っています。

ガン予防だけでなく、あなたの元気や健康を心から願っています。