たから」というメーカーが出している熟成黒にんにくです。
このメーカーは、青森県黒にんにく協会のスペシャリストに所属しています。

田子の黒と同じく、青森県田子町のにんにくを使用しています。
青森県は全国でも有数のにんにく生産量を誇ります。

それだけ、にんにく栽培に適している場所と言えますね!

たから 熟成黒にんにく

たから 熟成黒にんにくの特徴と品質

たからの黒にんにくの3つの特徴

深層海洋水に漬け込んで熟成!

ミネラルたっぷりの深層海洋水を使用しています。
もともとの栄養素に加えて、不足しがちなミネラルの補給にも役立ちます!

田子町のにんにくを使用!

田子町は、にんにく栽培に適した土層・環境・気候を備えています。
青森県産のにんにくが良質と言われている理由ですね!

バラ、玉、まとめ買いができる

いろいろなタイプがあるので、好みのものを選べます!
バラ売りは食べやすくて、玉はボリューム感があるのが特徴です。

たからの黒にんにくの品質は?3つの基準を見てみよう!

  1. にんにくの産地
  2. にんにくの品質
  3. にんにくの発酵方法

黒にんにくの味や栄養価は、その品質によって左右されます。
それを判断するための基準として、上の3つをチェックしていきましょう!

たからの黒にんにくは、どのような工夫が凝らされているでしょうか?

産地

にんにくの産地は青森県産田子町です。
良質な土地で育ったにんにくが使われています。

品質

福地ホワイト六片種という品種を使用しています。
とても大きいにんにくで、粒も普通のにんにくよりもかなり大きくなります。

発酵方法

特に発酵方法に工夫などは見当たりませんでした。
どこのメーカーの黒にんにくも、完全無添加なのは変わりません。

ごく一般的な発酵方法で作られているようです。

この発酵が、最終的な黒にんにくの品質を決めます。
ここでこそ、独自のこだわりや工夫が欲しかったですね。

口コミ・評判まとめ

悪い口コミ

  • 想像以上に臭いがキツくてがっかりした
  • 大きさが不揃いだった
  • 前よりも値上がりして残念

良い口コミ

  • 食べやすくて、元気が出る
  • 粒が大きくて、しっかりとしていた
  • 食べ続けたら、疲れが出なくなった

たから 熟成黒にんにくの評価とまとめ

総合評価ポイント

たから 熟成黒にんにく

産地・品種 3.5
発酵方法 2.5
価格 3.5

値上がりしたとは言え、全体から見れば手の出しやすい価格だと思います。
田子町のにんにくを使用しているのが特徴ですが、それは田子の黒も同様です。

発酵方法に独自の工夫などが見られなかったこともあり、あまり差別化ができていません。
決して悪いものではありませんが、平均点以上にはならないと思います。

「たから」だけにしかない特徴があれば、違っていたかもしれません。

たから 黒にんにくよりオススメの黒にんにくって?

私はこれまで、いろいろな黒にんにくを食べてきました。
ほとんどの黒にんにくは、どこも同じような味だったり、中にはマズいものもありました。

そんな中で、特においしくて印象に残った黒にんにくが2つありました。

私が実際に食べてみた体験談を書いたので、あなたの黒にんにく選びの参考にしてくださいね!

どこよりもおいしい黒にんにくを食べたい

純黒にんにく

5.0
ブランド 5.0
産地・品種 4.0
発酵方法 4.0
価格 4.5

岡崎屋の純黒にんにくは、他のメーカーのものとは別格です。

実際に食べてみたら分かるのですが、甘みとうまみが口の中に広がっていきます。
トロッと口の中で溶けて、優しくて柔らかいおいしさが残ります。

体験談でも書いてますが、これは一度食べたらお気に入りになってしまいました。

⇒【実際に食べてみた!】岡崎屋 純黒にんにくの体験談と口コミまとめ

少しでも安く黒にんにくを食べたい

発酵黒にんにく

4.0
ブランド 3.0
産地・品種 4.0
発酵方法 4.0
価格 5.0

自然共生の発酵黒にんにくは、甘さ控えめでサッパリした味です。
甘いのが苦手な人でも、手軽に食べられる味です。

純黒にんにくよりも少しだけ値段は安めです。
甘さが苦手だったり、安い黒にんにくが欲しかったらおすすめです。

⇒【実食してみた!】自然共生 発酵黒にんにくの体験談と口コミまとめ