にんにくは栄養価が高いとよく言われていますが、実際のところはどのくらい栄養があるか知っていますか?

にんにくと同じ分類で、身近な食べ物に玉ねぎがあります。

にんにくと玉ねぎでは、どの程度の栄養の差があるのか、食品成分データベースの資料を元に調査しました。

にんにくと玉ねぎの成分比較表

にんにくと玉ねぎの成分比較表

文部科学省では、食品成分データベースというもので食品の成分を細かく公表しています。

そのデータを元にして、にんにくと玉ねぎを比較してみましょう!

以下の表は、にんにくと玉ねぎ、それぞれ100gあたりの成分量です。

にんにく 玉ねぎ
エネルギー 136 kcal 37 kcal
水分 63.9 g 89.7 g
たんぱく質 6.4 g 1.0 g
脂質 0.9 g 0.1 g
炭水化物 27.5 g 8.8 g
ナトリウム 8 mg 2 mg
カリウム 510 mg 150 mg
マグネシウム 24 mg 9 mg
ビタミンB1 0.19 mg 0.03 mg
ビタミンB2 0.07 mg 0.01 mg
ビタミンB6 1.53 mg 0.16 mg

一覧で見ると分かるとおり、ほぼすべての成分においてニンニクの方が優秀です。

これが、にんにくが栄養価が高いといわれている大きな理由なんですね!

食品成分データベースには載っていない成分

実はにんにくには、食品成分データベースには載っていない成分も豊富に含まれているんです。

その主な成分とは、「S-アリルシステイン」と「ポリフェノール」です。

にんにく100 gあたり、S-アリルシステインは8.3 mg、ポリフェノールは120 mgが含まれています。

S-アリルシステインとは、にんにく特有の成分で、さまざまな薬理作用があるのですが、もともとの含有量はあまり多くありません。

しかし、このS-アリルシステインとポリフェノールは、にんにくにある変化が起こることで劇的に増えるのです。

にんにくの成分が劇的に増える変化とは?

にんにくの成分が劇的に増える変化とは?

にんにくの成分が劇的に増える変化とは、熟成・発酵のことです。

熟成・発酵されてできたものは、色が黒くなるので「黒にんにく」と呼ばれています。

にんにくの持つ成分同士が化学反応を起こすことで、熟成されて黒にんにくになります。

この反応を、メイラード反応と呼びます。

もともと持っている成分が反応を起こすので、完全無添加の自己発酵を行っているのです。

その結果、S-アリルシステインやポリフェノールなど、さまざまな成分が増加します。

成分はどのくらい増加するの?

熟成・発酵により増加する成分はたくさんあるのですが、ここでは特徴的な成分であるS-アリルシステインとポリフェノールについて見ていきましょう。

S-アリルシステイン

S-アリルシステインは、黒にんにくになることで生にんにくの約16倍になります。

もともとは少なかった成分が、熟成・発酵により豊富に含まれるようになります。

このS-アリルシステインの持つ薬理作用は多彩で、日々の元気や健康に大きな影響を与えてくれると言われています。

⇒すごい!にんにくだけが持つS-アリルシステインのたくさんの効果!!

ポリフェノール

ポリフェノールは、黒にんにくになることで生にんにくの約6倍になります。

ポリフェノールはとても抗酸化作用が強く、老化防止や美肌に効果的と言われています。

熟成・発酵によりかなり増加するので、それだけ身体に与えてくれる良い影響は大きくなるでしょう。

⇒美肌に良いポリフェノールをたくさん含んでる食べ物ってなに?

黒にんにくってどんな食べ物?

黒にんにくってどんな食べ物?

黒にんにくは、ニンニクを熟成・発酵させたものなので、ニンニクとほとんど変わらないと思うかもしれません。

しかし、変化が起きるのは成分だけではなく、味やニオイなどにも大きな影響があります。

黒にんにくの味

味は甘くまろやかに、ドライフルーツのような食べやすいものになっています。

また、調理の必要がなく、皮をむくだけですぐに食べることができます。

より食べやすく、より手軽になったと言えるでしょう。

⇒黒にんにくの味はおいしい?まずい?どうやって食べたらいいの?

黒にんにくのニオイ

にんにくのニオイの発生源である成分は、アリシンと呼ばれています。

このアリシンは、熟成・発酵の過程で大幅に減少するので、黒にんにくはニンニクと比べてほとんどニオイがしません。

ごまかすのではなく、ニオイの元がなくなっているので、仕事や人と会う時にも気軽に食べることができます。

⇒黒にんにくのニオイが気になる・・・。どのくらい臭うの?

黒にんにくの効果や特徴をまとめて知りたくなったら

黒にんにくの効果や特徴をまとめて知りたくなったら

黒にんにくには、まだまだたくさんの効果や特徴があります。

他の効果などを知りたくなったら、こちらの記事が読みやすいと思います。

黒にんにくの情報をひとまとめにしているので、あまり時間をかけずに見たい時にもいいかもしれません。

⇒黒にんにくの効果~3つのポイント~