田子町の黒にんにくと言えば、田子の黒です。
メーカーは、TAKKO商事というところです。

「青森県黒にんにく協会」から黒にんにくスペシャリストとして認められています。

田子の黒

田子の黒の特徴と品質

田子の黒の2つの特徴

主な特徴は、田子町産のにんにくを使用していることです。
海外で使用された例もあって、日本以外でもその味が認められています。

そのまま食べるほか、料理の素材としても使えます。

田子町産にんにく「たっこにんにく」を使用

「たっこにんにく」という名前でブランド登録されており、良質なにんにくと言われています。

田子町は、気温や湿度が農作物の栽培にとても適しているそうです。
そんな環境で育ったからこそ、ブランドがつくくらいのにんにくになったのかもしれませんね!

ドイツの三ツ星レストランで、田子の黒が使用されている

ドイツにある「アクア」という最高級品レストランで、田子の黒が使用されています。
冷凍の田子の黒を、そのまま粉砕して料理に添えられます。

そのまま食べるだけではなく、料理の素材としても世界に認められているんですね!

田子の黒の品質は?3つの基準を見てみよう!

  1. にんにくの産地
  2. にんにくの品質
  3. にんにくの発酵方法

黒にんにくの質を見極めるためには、3つの基準を見てみるといいでしょう。
この基準を満たしていて、独自の工夫などがあれば良質と言えます。

田子の黒について、くわしく見ていきましょう!

産地

青森県産田子町産のにんにくを使用しています。
「たっこにんにく」と呼ばれており、良質なにんにくと言われています。

品質

福地ホワイト六片種を使用しています。
にんにくの最高級品とも言われている品種です。

発酵方法

高温多湿で30日間発酵させる、一般的な方法です。
独自の発酵方法の工夫などは、見つかりませんでした。

口コミ・評判まとめ

悪い口コミ

  • 他と比べて、価格が高い
  • 粒が不揃いのものがあった
  • 中がスカスカで粒が小さかった

良い口コミ

  • 甘くておいしかった
  • しっとりしていて食べやすい
  • すごく柔らかかった

田子の黒の評価とまとめ

総合評価ポイント

田子の黒

産地・品種 4.0
発酵方法 3.0
価格 2.5

他に比べて、価格が高めなので手を出しにくいです。
産地や品種は良いのですが、発酵方法に独自の工夫がないのも残念です。

特徴的なのは、「たっこにんにく」を使用しているところです。
もう少し価格が安く、他の黒にんにくよりも強みがあれば良かったかもしれません。

田子の黒よりオススメの黒にんにくって?

これまで食べてきた黒にんにくの中でも、特においしかったものがいくつかありました。
田子の黒よりも価格が安くて、味と品質も良いものをピックアップしてご紹介しますね!

私自身が食べた体験談も書いたので、ぜひ参考にしてみてください。

どこよりもおいしい黒にんにくを食べたい

純黒にんにく

5.0
ブランド 5.0
産地・品種 4.0
発酵方法 4.0
価格 4.5

黒にんにくの中でも、格別においしかったのは純黒にんにくです。
他のメーカーから頭ひとつ抜けていると感じました。

中までしっかり熟成されていて、味や旨味がしっかりと引き出されています。

体験談に詳しく書いてありますが、柔らかくて口の中で溶けてしまうほどです。
口の中でトロッと溶けて、甘みがふわ~っと広がります。

まさにフルーツみたいな味で、すごくおいしいです!

⇒【実際に食べてみた!】岡崎屋 純黒にんにくの体験談と口コミまとめ

少しでも安く黒にんにくを食べたい

発酵黒にんにく

4.0
ブランド 3.0
産地・品種 4.0
発酵方法 4.0
価格 5.0

少しだけ価格が安いのが、発酵黒にんにくです。
しっかりと品質を保ちながら、価格を抑えています。

味は純黒にんにくと違い、甘みと酸味が同じくらいあります。
甘み・旨みで言えば、純黒にんにくの方が上です。

発酵黒にんにくはサッパリ食べられるので、甘いのが苦手な人でも食べやすいです。

⇒【実食してみた!】自然共生 発酵黒にんにくの体験談と口コミまとめ