にんにくを熟成させて作る黒にんにくですが、これはご家庭でも炊飯器を使って作ることができます。

手軽とは言いにくいですが、自身の手で作る食べ物の味は格別です。

もし黒にんにく作りに挑戦してみよう!と思ったら、この作り方を参考にしてみてくださいね。

黒にんにくを作る時の注意点

黒にんにくを作る時の注意点

さて、冒頭で黒にんにく作りは手軽とは言いにくい、とお話ししていました。

というのも、事前準備や対策など、最初に注意しなければいけないことがあるからです。

すぐ黒にんにく作りに取り掛かる前に、以下の3つはとても大事なことので、確認しておいてください。

  1. 黒にんにく専用の炊飯器を用意できる
  2. 熟成の間、強烈な臭いを我慢できる
  3. 他者に迷惑をかけない配慮ができる

ひとつひとつご説明していきますね。

黒にんにく専用の炊飯器を用意できる

黒にんにくは、炊飯器を使って作るのですが、熟成の間は強烈な臭いを出して、その臭いが炊飯器にもついてしまいます。

一度臭いがついたら取れることはなく、とてもご飯を炊くことはできません。

黒にんにく専用として、炊飯器を用意できるかご確認ください。

熟成の間、強烈な臭いを我慢できる

熟成の間は、にんにくの強烈な臭いが充満します。

約20日ほど熟成させますが、その間は臭いに耐えられるのか、臭いを隔離できる場所はあるのかご確認ください。

他者に迷惑をかけない配慮ができる

上でご説明したとおり、熟成中は強烈な臭いを発します。

耐えられないからと言って、屋外に放置するとご近所の方々にも迷惑がかかってしまいます。

他者に迷惑をかけない配慮ができるか、事前にご確認ください。

黒にんにくの作り方

黒にんにくの作り方

それでは、注意点を確認できたら黒にんにくの作り方を見ていきましょう!

もし黒にんにくを自分で作るのは難しいな、と思ったら、通販などで買ってみることも検討してみてくださいね。

材料と用意するもの

  • 材料
    • 国産の生にんにく
  • 用意するもの
    • ザルまたは竹籠(炊飯器に入るもの)
    • アルミホイル
    • 専用の炊飯器

黒にんにくを作る手順

  1. 生にんにくを軽く洗う
  2. 炊飯器の中にザルを入れる
  3. ザルの中に生にんにくを並べ、上からアルミホイルを被せる
  4. 炊飯器を保温状態にする
  5. 10日目くらいにニンニクをひっくり返す
  6. 20日目で完成!

黒にんにくは、熟成させればそれだけうまみ成分がアップします。

20日間じっくり熟成させることで、甘くておいしい黒にんにくが出来上がります。

黒にんにくを作る手順は、それほど複雑なものではありません。

作る環境を整えて、日数さえかければ簡単に黒にんにくを作ることができます。

黒にんにくについて詳しく知りたい!

黒にんにくについて詳しく知りたい!

黒にんにくの味ってどういう感じ?

黒にんにくの味は、甘くてまろやかな感じでとっても食べやすいです!

まるでドライフルーツのような味で、ニンニクからガラリと変化した味になっています。

⇒黒にんにくの味はおいしい?まずい?どうやって食べたらいいの?

黒にんにくはやっぱり臭いってキツいの?

にんにくの臭いがキツいので、黒にんにくも同じかと思われるかもしれません。

実は黒にんにくのニオイはほとんどしないんです。

というのも、熟成・発酵の過程で臭い成分が減少していくからなんです。

にんにくと黒にんにくの臭いについては、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

⇒黒にんにくのニオイが気になる・・・。どのくらい臭うの?

黒にんにくの効果から選び方まで、情報のまとめ

黒にんにくには、たくさんの薬理作用のある成分が含まれています。

元気の源になったり、病気や生活習慣病の予防など、さまざまな効果が期待できます。

黒にんにくの効果について、詳しく知りたくなったらこの記事にいろいろな情報をまとめてあります。

まずは試しに買ってみたいと思った時にも役立つ、黒にんにくの選び方も一緒にご紹介しています。

⇒黒にんにくの効果~3つのポイント~