不老不死の霊薬なんて言われたら、どうにも胡散臭く聞こえてしまいますよね(笑)
錬金術的な、なんとも怪しげな響きです・・・。

もちろん本当に不老不死なわけはなく、これはにんにくの持つすごいパワーを例えて呼ばれていました。

古代エジプトでは不老不死の霊薬と呼ばれていた

古代エジプトでは不老不死の霊薬と呼ばれていた

これほどの大層な呼び名ですが、古代エジプトではどうやら実際にそう呼ばれていたそうです。

というのも、紀元前4500年というはるか昔からも、にんにくの元気や健康に対する力は認められていたからなんです。

ピラミッドの建設とにんにくの関わり

古代エジプトと言えば、真っ先に思いつくのがピラミッドかと思います。

ピラミッドは巨大な岩を積み重ねて建設されているので、それはもう大変な労働でした。

そして、その大変な労働に従事する人たちに配給されたのが、実はニンニクだったのです。

にんにくの強力な強壮作用やスタミナ強化作用によって元気パワーを取り込んで、あの巨大な建造物を人間の手だけで作り上げたのです。

なんでにんにくはそんなにすごいパワーがあるの?

なんでにんにくはそんなにすごいパワーがあるの?

どうしてニンニクはそんなパワーが生み出せるのか?

それはニンニクに含まれている成分に秘密があります。

まず、単純に同じ鱗茎の植物である玉ねぎと、同量のにんにくの成分で比較してみると、にんにくの方が圧倒的に成分の含有量が多いんです。

文部科学省の食品データベースによると、にんにくは玉ねぎと比較して、エネルギーが3~4倍、ビタミンB1、B2が6~7倍、カリウムが3~4倍になっています。

エネルギーは動力源、ビタミンB1は疲労回復、ビタミンB2は生活習慣病の予防、カリウムは高血圧の予防といった形で、私たちの身体に良い影響を与えてくれます。

そして何より特別なのが、にんにくだけに含まれている成分、S-アリルシステインです。

これはにんにくのみに含まれている成分で、多様な薬理効果があります。

これら多くの成分が、にんにくのパワーの源なのです。

にんにくから黒にんにくへパワーアップ

にんにくから黒にんにくへパワーアップ

古代では、普通のにんにくでもそのパワーが認められていました。

そして現代では、にんにく以上のパワーを発揮できるのが黒にんにくなのです。

黒にんにくは、生にんにくを熟成・発酵させて作られています。

納豆などの腐敗菌で発酵させている食品と違い、無添加で菌を外部から加えずに熟成・発酵している食品です。

それによって強化された成分は、生にんにくの3~16倍もの量に増加しています。

成分が増えることで、どういう影響があるの?

黒にんにくになることでさまざまな成分の量が増加しています。

そして、増加している成分の中でも特に重要なのが「S-アリルシステイン」です。

上でもお話ししましたが、これはにんにく特有の成分で多くの薬理作用があります。

にんにくの元気パワーの源と呼ぶにふさわしい成分なのですが、これが黒にんにくになることで約16倍に増えます。

S-アリルシステインが増えることによって、身体にとってさまざまな良い効果が期待できます。

簡単に例として挙げると、疲労感の回復、老化防止、血行促進、生活習慣病の予防、がんの予防、アンチエイジングなどなど、ここでは書ききれないくらいたくさんあります。

古代エジプトでは不老不死の霊薬とまで言われたにんにくのパワーの源が、熟成・発酵させることで約16倍になるってすごいと思いませんか?

黒にんにくはおいしくて元気パワーがたくさん!

黒にんにくはおいしくて元気パワーがたくさん!

このページでは、不老不死の霊薬という呼び名と、その呼び名にふさわしいにんにくの持つパワーについてご紹介してきました。

そして、現代では更にパワーアップした黒にんにくがあります。

黒にんにくは、にんにくの弱点をほとんど克服したすごい食品です。
ニオイはかなり抑えられて味はドライフルーツのようにおいしくなっています。

もし興味があったら、黒にんにくの効果についても読んでみてくださいね。
分かりやすく要点をまとめて記事にしました!

⇒黒にんにくの効果~3つのポイント~

黒にんにくの特徴について、ササッとまとめて知りたい場合にはオススメの内容です。