黒にんにくに副作用があるとかないとか、そんな話があるとちょっと不安になりますよね。

ここでは、黒にんにくの副作用や適量など、食べる前に不安に感じるようなことを解消していこうと思います。

黒にんにくに副作用ってあるの?

黒にんにくに副作用ってあるの?

まず副作用についてです。

結論から言うと、黒にんにくに副作用と呼ばれているものはありません。

まず、副作用とはどういったものなのか、少し見てみましょう。

副作用ってどういうことを言うの?

副作用とは、「お薬を使うことで、意図していない有害な作用が発生する」というものです。

医薬品は治療などを目的として作られており、黒にんにくとは全く性質が異なります。

黒にんにくは、完全無添加の自然食品です。

あくまでも食品なので、副作用と呼べる有害なものはないと言えます。

健康サプリメントなどでは、成分の過剰摂取が良くないと言われています。

こういった部分が、他の食品の不信感に繋がる部分だと思います。

過剰摂取という点を、サプリメントを例にしながら見ていきましょう。

サプリメントの過剰摂取は良くないってホント?

サプリメントの過剰摂取

サプリメントは、他の食品から成分を抽出、濃縮して添加物などを含めて作られます。

一部の成分などを極端に濃縮した場合、成分の摂りすぎとなって身体への負担となる場合があります。

例えば、鉄分は身体に必要な成分ですが、摂りすぎることで肝臓への大きな負担となります。

こういった過剰摂取は身体に良くないので注意が必要です。

黒にんにくは過剰摂取にはならないの?

黒にんにくは、完全に無添加で熟成・発酵させた自然食品です。

成分を濃縮したりせず、添加物も入っていないので、過剰摂取になるということはほとんどないでしょう。

一日の適量があるので、それを目安に食べるようにするといいと思います。

黒にんにくの一日の適量はどれくらい?

黒にんにくの一日の適量はどれくらい?

黒にんにくの一日の適量は一片です。

毎日一片を習慣とすれば、元気や健康のサポートをしてくれるでしょう。

用法用量の決まりといったものはありませんが、あまりにもたくさん食べ過ぎるのは控えたほうがいいでしょう。

多くても、一日にニ~三片くらいにしておくのが無難です。

普通のにんにくの刺激について

普通のにんにくは少し刺激がある食べ物です。

にんにくの刺激の元となる成分は、「アリシン」と「スコルジニン」だと言われています。

個人差はありますが、これらの成分をたくさん摂ることで、下痢などの影響が出る場合もあります。

黒にんにくの刺激はどのくらい?

黒にんにくは、アリシンという成分が大きく減少しているので、普通のにんにくよりも刺激は少なくなっています。

お腹が弱い人でもかなり食べやすくなったと思います。

おやつ感覚で食べているご家庭もあるので、まずは気軽に食べてみるといいかもしれません。

黒にんにくの良いところも見てみよう!

黒にんにくの良いところも見てみよう!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

この記事で少しでもあなたの不安を取り除くお手伝いをできたなら、嬉しく思います。

次は一歩進んで、黒にんにくの良いところにも目を向けてみませんか?

黒にんにくには、さまざまな薬理効果のある成分が含まれています。

元気や健康にいいのはもちろん、病気や生活習慣病の予防など、普段の生活に大きく役立ってくれます。

黒にんにくの効果をもっと見てみたくなったら、情報をまとめてあるこちらも覗いてみるといいかもしれません。

⇒黒にんにくの効果って?元気いっぱいに過ごすための3つのポイント