黒にんにくってどうやって食べたらいいのか知っていますか?

実は黒にんにくは、普通のにんにくよりも手軽に食べることができるんです。

ここでは、黒にんにくのおいしい食べ方と適量、料理への合わせ方をご紹介します。

黒にんにくのおいしい食べ方

黒にんにくのおいしい食べ方

黒にんにくの素材の味を楽しむには、そのまま食べるのがおすすめです。

特に調理は必要なく、皮をむいたらそのまま食べて大丈夫です。

すこしだけ水気のあるさわり心地で、食べてみると柔らかくてすごく食べやすいですよ!

甘くてドライフルーツのようで、素材本来の味を手軽に味わえます。

黒にんにくの適量はどのくらい?

一日に食べる量としてちょうどいいのは一片です。

黒にんにくは熟成・発酵によって、とても栄養価が高くなっています。

なので、毎日一片食べるだけでも十分なんです。

食べ過ぎも良くないので、多くても一日にニ~三片くらいを目安に食べるといいと思います。

黒にんにくを料理にも使ってみよう!

黒にんにくを料理にも使ってみよう!

黒にんにくは、実は料理に使ってもおいしく食べることができます。

料理に使う場合には、黒にんにくが本来持っている旨味を活かせるものに使うのがいいと思います。

ドライフルーツのような味なので、隠し味にする料理との相性はバツグンです。

カレーやスープの隠し味として

おすすめなのは、カレーの隠し味として使う方法です。

5~6人前のカレーに、3片ほど黒にんにくをすり潰して入れると味に深みが出ます。

黒にんにくと合わせて、ワインも入れるとお肉も柔らかくなっておいしいカレーになります。

栄養もたっぷりなので、お子さんの大好きなカレーにこっそり入れることで、風邪予防にも役立ちます。

ポトフなどのスープも相性が良く、黒にんにくを入れるとおいしくなります。

ニオイが少ない黒にんにくチャーハン

黒にんにくはニンニクよりもニオイが少ないので、口臭が気になる場合にも気軽に食べることができます。

入れる量の目安は、1~2人分に対してきざんだ黒にんにくを1片です。

普通のにんにくではなく黒にんにくを入れることで、ニオイが少ないうまみのあるチャーハンを作ることができます。

黒にんにくを毎日の健康に役立てよう!

黒にんにくを毎日の健康に役立てよう!

黒にんにくは、工夫次第でいろいろな食べ方ができます。

一番手軽なのは皮をむいてそのまま食べることですが、いろいろな食べ方を試してみるといいかもしれません。

黒にんにくにはさまざまな薬理効果が期待できるので、自分に合った食べ方で黒にんにくを習慣にしてみてはどうでしょうか?

黒にんにくの成分の薬理作用は、疲労回復や病気予防などいろいろあります。

興味があったら、ここで詳しくご紹介しているので、覗いてみるといいかもしれません。

⇒黒にんにくの効果って?元気いっぱいに過ごすための3つのポイント